平成30年度木のあるおもてなし空間整備事業の募集について

PR型(木造施設建設及び木質化支援)
PR効果の高い公的スペース(注意1)における木造施設の建設や木質化に要する経費のうち、県産材かつ合法木材であることが証明できる木材費に対して助成します。ただし、木造化・木質化の提案やおもてなし空間の創造内容を、マスメディア等を活用し広くPRするための取組と併せて行なうものに限ります。
注意1:「PR効果の高い公的スペース」とは、空港、港、駅、バス停、店舗、飲食店、銀行、観光施設、式場など不特定多数の者が集まる空間で、木造化・木質化等によるPR効果が高いと認められる空間をいう。以下同じ。
補助率:木材費の3分の1以内(補助金の上限額200万円)

PR型(木製施設及び木製遊具設置支援)
県産材かつ合法木材であることが証明できる木材を使用し、PR効果の高い公的スペースにおける木製施設や木製遊具の設置に要する経費に対して助成します。ただし、木質化等の提案やおもてなし空間の創造内容を、マスメディア等を活用し広くPRするための取組と併せて行なうものに限ります。
補助率:木製施設及び木製遊具の設置に要する経費の2分の1以内(補助金の上限額200万円)

大径材活用型
大径材(注意2)を活用した製材品や製品を使用し、工事完成後において、当該部分が目視できる非住宅の木造施設建設及び木質化に要する経費のうち、県産大径材かつ合法木材であることを証明できる木材費に対して助成します。
注意2:「大径材」とは、丸太の細い方の直径が30cm以上のものをいいます。
補助率:大径木材費の3分の1以内(補助金の上限額200万円)

募集期間
平成30年5月1日(火)より開始
毎月15日及び月末に締め切り、予算に達した時点で終了
※最終締切:平成30年12月14日(金)

問合せ先
宮崎県環境森林部 山村・木材振興課 みやざきスギ活用推進室 木材利用拡大担当(上舞・竹森)
TEL:0985-26-7156 FAX:0985-28-1699
HP:http://www.pref.miyazaki.lg.jp/miyazaki-sugi/shigoto/ringyo/miyazakiomotenashi.html


トップへ戻る